スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月26日の高校野球 宮崎

2021年7月27日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権宮崎大会(朝日新聞社、県高野連主催)は26日、準決勝2試合があった。春夏連続の甲子園出場をねらう宮崎商は宮崎日大に競り勝った。延岡学園は日南学園との壮絶な打撃戦を制した。27日は休養日で、決勝はひなたサンマリンスタジアム宮崎で28日午前10時から。宮崎商は13年ぶり5回目、延岡学園は8年ぶり8回目の夏の甲子園出場をめざす。

     ◇

 「挑戦者のつもりで戦います。でも負けません」。試合前日の練習中、宮崎日大の主将大山和泉君(3年)は力を込めて言った。

 宮崎商は昨秋の県大会で6点差を逆転された相手。絶対に借りを返したい。昨夏の独自大会で優勝しながら甲子園に行けなかった先輩たちのためにも、今年ベンチ入りできなかった3年生のためにも、勝ちたい。

 堅実なプレーと責任感の強さを買われ、2年生のときから正捕手、中軸を任された。菊池正敏監督も「あいつに打順が回れば何とかしてくれる」と絶対の信頼を置く。

 七回まで0―3。自身も3打席凡退。それでも「諦めるな」「チャンスつくるぞ」と仲間を鼓舞し続けた。

 八回、その言葉に応えるように、代打の小玉准平君(3年)の右前打、木原悠汰君(3年)の二塁打で2点をあげた。

 なお1死二塁の好機で打順が回ってきた。「悔いを残さないよう、思い切りいこう」。直球を振り抜き、中前に同点打。一塁上で大きくガッツポーズした。

 試合後、報道陣に囲まれ、「仲間たちと本当にいい試合ができた。楽しかったです」。そう言った直後に下を向き、嗚咽(おえつ)を漏らした。「みんなに『甲子園に連れていけなくてごめん』と言わないと」

 力投した古谷瞳伍君(3年)は「最後まで大山のリードを信じて投げた」。木原君は「大山はおちゃらけ上手で、いつもチームをうまく盛り上げてくれた。感謝しかない」。(佐藤修史、神谷裕司)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ