スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月26日の高校野球 愛媛

2021年7月27日04時00分

 第103回全国高校野球選手権愛媛大会は26日、準決勝2試合があり、聖カタリナが延長サヨナラで、新田がコールドで勝ち、決勝へ進んだ。27日は休養日。決勝は28日午前10時から坊っちゃんスタジアムで。両チームとも、初めての夏の甲子園出場がかかる。

     ◇

 松山商のエース左腕、松崎来雅(らいが)投手(3年)は「攻めの投球」が身上だ。強打の聖カタリナとの一戦を前に、大野康哉監督からは「四球でもオッケーだ。一球一球投げ込んでいけ」と告げられた。

 この日、直球で押した。制球良くストライク先行でいく、いつもとはひと味違う投球で、次々と凡打に打ち取った。打線も前半に2点をリード。試合の主導権を握った。「バックを信じて、自分の全てをぶつける」と覚悟を決めていた。

 1年夏の愛媛大会。初戦で先発したが、5安打されて途中降板。チームも敗れた。「先輩の夏を終わらせてしまったのに、頑張れよと言ってくださった」。それなのに、その秋も初戦敗退。「自分のせいで負ける。もう悔いの残る投球はしたくない」と誓った。

 制球を磨き、少しずつ結果を出した。最後の夏はエースナンバーを背負い、準決勝まで勝ち上がった。

 甲子園まで、あと少しだった。延長十回、1死満塁から直球を中前に運ばれ、サヨナラ負け。それでも、攻める気持ちは最後まで忘れなかった。「後輩に逃げる姿は見せたくなかった。渾身(こんしん)の一球でした」。潔く言い切った。(照井琢見)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ