スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月25日の高校野球 岐阜

2021年7月26日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権岐阜大会(岐阜県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は25日、2球場で準々決勝4試合があった。ノーシードの岐阜各務野は、第2シードの岐阜工を破って初の4強入り。第1シードの市岐阜商と第2シードの県岐阜商は快勝した。初めて準々決勝に進出した加茂農林は、第2シードの大垣日大にコールドで敗れた。27日に予定されている準決勝の組み合わせは26日の抽選会で決まる。

     ◇

 初めて8強入りした加茂農林は、第2シードの大垣日大に七回コールドで敗れたが、選手らは晴れ晴れとした笑顔を見せた。

 同点で迎えた二回、四死球や暴投絡みで6点を失った。三回にも2点を奪われて8点差に。なおも2死一、二塁のピンチで、3番手の柘植愛斗(まなと)投手(3年)がマウンドに上がった。

 チームには2年生投手が3人。春の地区予選に敗退後、「2年生投手でいけるところまでいき、苦しくなったら柘植に引き継ごう」と村井陽一監督と話し合った。今大会、狙い通り2年生の稲川颯汰(そうた)、田中登惟(とうい)両投手が先発する継投策で勝ち上がってきた。

 この日は五回までを田中、稲川両投手で投げ抜き、六回から柘植投手の登板を予定していたという。早まった出番にも「自分が抑えれば流れはくる。全力で投げきるだけ」とマウンドに。次打者をツーシームで内野ゴロに打ち取ってピンチを脱した。二塁手の永瀬聖弥(きよや)主将(3年)は、1年の夏から柘植投手とともにレギュラーとして活躍してきた。「柘植が投げれば安心感がある。抑えてくれると信じていた」

 その後も柘植投手は粘投。「自分が折れたら負ける。楽しんで、笑顔で投げる」。強打の大垣日大に直球は打たれると考え、ツーシームを主体にスライダーやフォークでかわした。七回までの4回3分の1を被安打2、失点1で投げ抜いた。

 加茂農林は2010年から夏の岐阜大会に参加しているが、14年に初勝利を挙げた後は勝てずにいた。現メンバーは1年生から試合に出ていた選手も多く、昨夏の独自大会で初戦を突破。今夏は、初の8強をめざして臨んでいた。

 目標は果たしたが4強には届かなかった。柘植投手は「悔いはない」と笑い、「彼らに助けられ、チーム一丸となって8強まで来られた。来年は自分たちを超えてほしい」と後輩たちにエールを送った。(板倉吉延)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ