スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月25日の高校野球 広島

2021年7月26日04時00分 朝日新聞デジタル

 広島大会は25日、2球場で4回戦の残り4試合があり、8強が出そろった。3回戦で昨夏の独自大会優勝の広島商を下した崇徳は、13安打の猛攻で近大福山に8回コールド勝ちし、3年ぶりのベスト8を決めた。シード校の西条農は沼田に競り勝ち、瀬戸内はシード校の如水館の追い上げをかわした。祇園北は国泰寺を振り切って、それぞれ駒を進めた。4強入りをかけた準々決勝は27日、2球場で4試合が行われる予定。

     ◇

 3点を追う九回、2死一塁。如水館の主将大谷一葵(いつき)君(3年)が打席に立った。「なんとかつなぎ、同点に」。2球目を振り抜いたが、打球は詰まり、投手の前に転がった。でも、あきらめない。必死に走り、無我夢中で頭から一塁に飛び込んだ。判定はセーフ。思わず笑顔がこぼれた。

 序盤から1点が遠かった。気づけば最終回までに0―6と差をつけられていた。如水館はこの回、巻き返しをはかった。先頭から2人が連打で出塁し、連続適時打と犠飛で3点を返した。すべて1、2年生のプレーだ。

 ベンチに響いたのは、「大谷さんに回せ」の声。後輩たちが自分に回そうとつないでくれたことが、うれしかった。「ブサイクなヒットだったけど、意地をみせられた」。

 如水館の3年生は6人。1、2年生は合わせて約60人だ。後輩たちは「頼りになる3年生と、少しでも長く野球がしたい」と口をそろえていた。「言葉よりもプレーで引っ張ろう」。そう決めて夏を迎えた。

 先輩の思いも背負った。大谷君はこの日朝、寮の部屋に貼った前主将の手紙を読んだ。「野球ができることは当たり前じゃない。感謝して頑張れ」。コロナ禍で甲子園という目標がなくなる中、昨夏の独自大会で最後まで全力で戦い、3回戦で敗退した先輩たちの悔し涙をよく覚えている。

 手紙からも力をもらい、臨んだ試合は、大谷君の後続打者の1年生が打ち取られて終わった。「後輩たちに抜かれたくない気持ちで頑張ってこられた。感謝している。来年はもっとやってくれると思う」。先輩と同じ悔し涙を流しながら、後輩への思いがあふれた。(三宅梨紗子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ