スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月25日の高校野球 福岡

2021年7月26日04時00分

 福岡大会は25日、久留米市野球場で準決勝2試合があり、真颯館と西日本短大付が決勝進出を決めた。強力打線で優勝候補を破ってきた筑陽学園と飯塚は涙をのんだ。決勝戦は27日午前11時から久留米市野球場で。真颯館は前身の九州工時代を含めて27年ぶり3回目、西日本短大付は11年ぶり6回目の夏の甲子園をめざす。

     ◇

 飯塚の松尾理希君(3年)は二回表無死一塁から初球を右前に運ぶと、一塁ベースの上でベンチに向かってガッツポーズをした。「後に続いてこい」。これに応えるかのように、6番の日比野隼人君(同)が右中間に2点適時二塁打を放ち、先制点をもぎとった。

 松尾君たちは昨冬、「平日は400~500回、休日は千回」とノルマを決めて、それぞれが課題に応じたメニューを考えてバットを振った。春になると、その成果が打球の速さや飛距離になって現れた。

 福岡大会に入ると、変則フォームの軟投派や威力ある速球と鋭いスライダーを持つ好投手といった様々なタイプの投手を打ち崩し、勝ち上がった。チームは6試合で50得点をあげた。

 その中心が5番打者の松尾君。準々決勝までの5試合で打率は5割近く、本塁打は2本。この日も4打数3安打1打点と、主軸の役割を果たした。捉えたのはツーシームやカットボール、チェンジアップといったそれぞれ異なる変化球。狙っていたのではなく、体が反応してくれたという。

 試合後、「大会では悔いのない、自分たちの打撃が出来たのでは」と聞かれ、「はい」と、うれしそうにうなずいた松尾君。「自分はまだ……」と納得がいかない様子の日比野君の肩を、ポンとたたいた。俺たち、よくやったじゃないか――。そう言っているようだった。(吉田啓)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ