スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月25日の高校野球 滋賀

2021年7月26日04時00分

 滋賀大会は第12日の25日、準々決勝4試合があった。昨夏の県高野連独自大会決勝と同じカードとなった試合は、近江が7―1で水口東に勝った。彦根翔西館は序盤のリードを生かし、4―3でシード校の滋賀学園を破った。春の県大会優勝の綾羽は、上村匠君(3年)が6打点の活躍でコールド勝ち。準優勝の立命館守山は、3試合連続の2桁得点で快勝した。準決勝は27日、大津市の皇子山球場で開かれる。

     ◇

 昨夏の独自大会決勝で戦った近江と水口東は、今年は準々決勝で顔を合わせた。

 先手を取ったのは、昨夏敗れた水口東だった。

 三回裏、敵失の走者を犠打で進めて2死三塁。スタメン唯一の1年生、橋本琉生君が二遊間を突破する中前安打を放って先制した。

 守っては先発のサイドスローの小林蓮也投手(3年)が、適度に荒れる球で的を絞らせず、スコアボードに「0」を並べていく。

 五回表、1死満塁のピンチを迎えたが、4番打者を渾身(こんしん)の内角直球で見逃し三振に仕留めた。

 一方、2死となった近江。打席に津田基(もとき)君(2年)が入った。自らの失策が失点につながり、気持ちが沈みかけていたが、仲間から「エラーは忘れて、気楽に笑顔で!」と励まされた。初球、外から入ってきた変化球をたたいた。左翼手の頭を越えると、「ホッとした」。この一打が決勝点になった。

 水口東は敗退したが、春夏2季連続で8強以上に進出した。前年は、左右に二枚看板の好投手を擁するなど選手がそろっていたが、新チームは昨秋の県大会で初戦敗退。そこから危機感を持ち、団結して練習してきた。

 小林投手にとって、打たれた球は狙い通りだったが、「気持ちで上回られた」。それでも、「仲間を信じて投げることができた」と前を向いた。(安藤仙一朗)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ