スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月25日の高校野球 和歌山

2021年7月26日04時00分

 第103回全国高校野球選手権和歌山大会(県高野連、朝日新聞社主催)は25日、準決勝2試合があった。市和歌山は高野山を投打で圧倒。智弁和歌山は好機に打線がつながり、和歌山東を破った。市和歌山は3年ぶり、智弁和歌山は独自大会を含め5大会連続の決勝進出を決めた。決勝は27日、午後0時半から紀三井寺である。

     ◇

 「高校で一番すごいとも言われている投手。一本でもいいから打ちたい」。高野山・玉村綸星君(3年)は初回、150キロ超の直球と多彩な変化球を誇る好右腕、小園健太君(3年)との初勝負を迎えた。「来た球を全部フルスイングするつもりだった」。3球目を振り抜くと、右翼手の前に落ちた。これが、この日のチーム唯一の安打だった。

 3番打者、正捕手としてチーム14年ぶりの4強入りに貢献した。高校入学当時は内野手。昨夏、大会前にエースが退部し、正捕手だった植幸輔さんが投手に回ることが多くなり、玉村君に白羽の矢が立った。「試合に出られるのは、ありがたいこと。一生懸命やろうと思った」。しかし、8番・捕手として先発出場した3回戦の日高戦で、玉村君は安打を1本も打てず、チームも敗退した。「僕のせいで負けたと思った。絶対リベンジしようと思った」

 新チームの正捕手として配球やワンバウンド処理など学ぶべきことは多かったが、植さんやOBの指導で成長した。同級生のエース天野祐希君(3年)が小・中学で同じチームの幼なじみなこともプラス材料だった。「ずっと投球を見てきた。持ち味のチェンジアップを生かし、内角を直球で攻めるリードを心がけた」。打力も向上した。最後の夏は初戦から毎試合安打を放ち、日高との準々決勝では2打点と活躍。捕手としても天野君を九回までリードし、昨夏の雪辱を果たした。

 この日は今春の選抜出場校に力を見せつけられた。2打席目は内野ゴロに倒れた。天野君や継投した2年生投手を懸命にリードしたが、10点を奪われコールド負けとなった。

 玉村君は「レベルの差を見せつけられた。もっと良い試合がしたかった」と悔しがりつつ、こう話した。「4強まで進み、悔いはない。一緒にやってきた仲間たちや親に感謝したい」(滝沢貴大)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ