スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月25日の高校野球 新潟

2021年7月26日04時00分

 第103回全国高校野球選手権新潟大会は25日、ハードオフ・エコスタジアム新潟(新潟市中央区)で準決勝2試合があり、新潟産大付と日本文理がいずれもコールド勝ちで決勝進出を決めた。新潟産大付は初、日本文理は2年ぶりの夏の決勝進出。決勝は27日午前10時から行われる予定。

     ◇

 試合前、開志学園の武井大己主将(3年)の携帯電話に数件のメッセージが届いた。「俺たちの分まで勝ってくれよ」。送り主は、3年前の新潟大会で8強入りした先輩たちだ。

 その年、開志学園は準々決勝で新潟産大付と対戦。当時、長野県内の硬式野球チームに所属していた武井は遠征で新潟県内を訪れ、偶然その試合を観戦した。序盤から長打攻勢で試合を進める開志の野球に圧倒された。惜敗したが「この先輩たちを越えたい」と入学を決めた。川上大輔監督は「今の3年生は3年前の試合を見て集まってくれたメンバーばかりだ」と話す。

 チームは憧れの先輩を越え初の4強入り。対戦相手は因縁の新潟産大付だ。

 序盤、失策や相手の長打で6点のリードを許した。川上監督は「相手の流れを変えて欲しい」とベンチの武井を四回裏から三塁の守備に送り出した。「絶対に流れを変える」。1死一塁、目の前のゴロをすばやくさばき二塁に送球、併殺につなげた。

 四回から継投した伊藤日汰(ひなた)(同)が奮起、七回まで無失点に抑えた。だが、チームは相手エース西村駿杜(同)の140キロ超の直球を打ち崩せず、打撃で見せ場をつくれない。八回に1点を奪われ、コールド負けを喫した。

 先輩たちの雪辱は果たせなかったが、自分たちの姿は後輩たちの目に焼き付いたはずだ。武井は「ベストを尽くして甲子園に行って欲しい」と後輩たちに夢を託した。

 試合後、川上監督は「新しい開志学園の歴史を作ってくれた」とたたえた。(宮坂知樹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ