スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月25日の高校野球 奈良

2021年7月26日04時00分

 第103回全国高校野球選手権奈良大会(朝日新聞社、奈良県高校野球連盟主催)は25日、準々決勝2試合があり、奈良大付と智弁学園が勝ち進み、4強が出そろった。ともに序盤から得点を重ね、五回コールドで試合を決めた。26日は予備日で試合はなく、第15日の27日の準決勝は高田商―天理、奈良大付―智弁学園の顔合わせとなる。

     ◇

 五條の神崎颯汰(3年)は3回戦まで完封、完投で18イニングを投げて失点1。身長160センチの小柄なエースは、躍動感のある投球で勝利に貢献してきた。

 3試合目の相手はシード校の奈良大付。一回裏、神崎は険しい顔だった。「絶対抑えてやると思う半面、打たれたらどうしようと思っていました」。マウンドでも笑顔だった前の2試合とは違った。

 緩急をつけた投球が持ち味。「打たせて取ろう」。1点を失ったが、狙い通り三つの内野ゴロを打たせた。笑顔でベンチ前に向かい、帰ってくる仲間を笑顔で迎えた。「流れを迎えられるかな」と取った行動だった。

 しかし奈良大付はこれまでと違った。二回、3安打や守備の乱れもあり5失点。いい球と思ったボールも打たれた。「そこ打つ? すごいな、と。相手が何枚も上手でした」。三回からマウンドは中垣琉聖(りゅうせい)(2年)に譲り、左翼へ。相手の勢いは止まらず、五回コールド負けとなった。

 小4で野球を始め、初めは三塁手。高校では内野手だったが、昨秋から外野手に。昨秋の県予選後、チームに投手が足りなくなった。豆越秀人監督は「フィールディングもうまいし、コントロールもいい。ピッチャーできるならこの子やな」。初めての投手挑戦だった。

 「華のあるポジション」に抜擢(ばってき)され、うれしかった。最初に投げた練習試合はサヨナラ負けしたが、試合を作れて自信になった。走り込みや投げ込みを続け、チェンジアップやカーブなど変化球も覚えた。春から背番号1を背負った。

 うまくいかないと、「何してんねん」という気持ちが表情に出ていたが、我慢できるようになった。豆越監督は「ほんまよう放った。夏3回も試合ができた」とたたえた。

 「みんなに支えてもらってマウンドに立ちました」と神崎。確かな成長も見せた夏が終わり、少し寂しそうな笑顔でこう言った。「最後までマウンドに立ちたかったな」(米田千佐子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ