スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月25日の高校野球 東京

2021年7月26日04時00分

 第103回全国高校野球選手権東・西東京大会(朝日新聞社、都高野連主催)は25日、東西合わせて8試合があった。西大会では5回戦があり、甲子園出場経験のある早稲田実は国学院久我山に4―10で敗れた。世田谷学園と明大中野八王子はそれぞれ延長戦をサヨナラ勝ち。狛江が八王子を破り、8強が出そろった。東大会は4回戦があり、16強が決定。第4シードの小山台、日大豊山がそれぞれ勝ち進んだ。26日は東大会の4試合が予定されている。

     ◇

 「逆転の狛江」とも呼べそうな快進撃を続けた今大会。初戦は3点差、3戦目は4点差から逆転勝ちした。この日も春の都大会8強のシード校・八王子に先行されたが逆転した。

 1点差で迎えた九回2死一、二塁。狛江のエース山崎優(2年)は、思い切り直球を投げ込んだ。強烈なライナーは中堅に。一瞬「やばい」。中堅手が捕球体勢に入ったのを確認し、胸をなでおろした。

 正直、直球の速度も、カーブやスライダーなどの変化球の切れも、胸を張れるものがないと自覚する。だから、制球を良くすることをめざした。冬場には、自宅近くのスポーツジムに通って下半身を強化し、フォームを固めた。その上で、ブルペンでは本塁に長い筒を置き、上にボールを置いて当てる練習を重ねた。

 この試合、9回を投げ、打者35人と対決したが、奪った三振はゼロ。「それでいいんです。打たせて取ることを心がけました」

 制球を良くするために体力づくりをしたおかげで、スタミナもついた。この日も暑く、六回ごろから西村昌弘監督に「交代するか」と何度か継投を打診されたが、「いけます」。最後まで投げきりたい思いでこう答え続け、公式戦初完投を果たした。

 粘り強い投球で「逆転の狛江」を支える山崎。「きょうを自信にし、次も挑戦する気持ちで投げる」。次は準々決勝だ。=スリーボンド八王子(木村浩之)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ