スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月25日の高校野球 長崎

2021年7月26日04時00分

 長崎大会は25日、県営野球場で準決勝2試合があった。大崎は、海星と互いにゼロ行進の緊迫した試合を終盤に制した。長崎商は好機を逃さぬ長打攻勢で、小浜に逆転勝ちした。第1シードの大崎と第2シードの長崎商が、27日に同球場である決勝で頂点を争う。

     ◇

(準決勝 長崎商4―2小浜)

 2点を追う九回の攻撃。2死満塁の好機で打順が回ってきた。一打逆転の場面。打席に向かう小浜の中野拳志郎君(3年)のもとへ伝令が駆けつけ、溝田澄夫監督の言葉を伝えた。「この3年間を思い出して打ってこい」

 エースで主将。打撃でも中軸を託されている。「絶対に返してやる」。力強くバットを握りしめた。

 1ボール2ストライク後の4球目。外角の直球をボール球と思って見逃した。だが、判定はストライク。審判の手が高く上がり、最後の夏が終わった。

 大会屈指の好投手として注目を集めてきた。2回戦の壱岐商戦では無安打無得点試合を達成。初戦から3試合すべて完投し、この日も1人で投げ抜く覚悟でマウンドへと向かった。

 相手は春の県大会とNHK杯を制した長崎商だ。「甘い球は必ず狙われる」と思うと力みが出た。制球が定まらず、序盤からピンチを背負った。

 同点で迎えた六回、3長短打を浴びて3点を失った。「でも、マウンドを降りる気はさらさらありませんでした」と中野君。

 4試合で投じた球数は416。その一球一球に悔いはまったくない。どんなときも、全力で腕を振ってきたからだ。「一球入魂」。チームが身上としてきた言葉を胸に、大学野球のマウンドに立つつもりだ。(三沢敦)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ