スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

東明館が甲子園初出場 「がばい旋風」の佐賀北を完封

2021年7月25日16時48分 朝日新聞デジタル

 (25日、高校野球佐賀大会決勝 東明館2-0佐賀北)

 学校史上初の甲子園がかかる大一番。東明館のエース・今村珀孔(はく)は再三、ピンチを招いた。だが、粘り強かった。自身初という完封勝利。「今まで厳しい練習をこらえてきたので、それを発散する気持ちが出ました」と笑った。

 2007年夏に「がばい旋風」を巻き起こして全国を制した佐賀北側のスタンドは走者を出す度に沸いた。だがマウンドの右腕は「僕はいつも被安打が多い投手なので、焦ることはなかった」。

 最速は130キロ台だが、ピンチほど外角への制球がさえた。四回1死一、二塁では2者連続で内野ゴロ。丁寧に、117球を投げ抜いた。

 学校は1988年に開学した私学。卒業生には人気漫画「キングダム」の作者・原泰久さんがいる。原さんはこの試合の後、自身のツイッターに「母校東明館が甲子園初出場決めました!!おめでとうー!!!」と投稿した。学校がある基山町は福岡県と接しており、福岡の中学出身の選手も多い。野球部が校内の強化指定部となった近年、力をつけてきた。

 創部から2019年まで監督を務めた古賀洋部長は「まさかこんな日が来るなんて」。加藤晴空(そら)主将は「『甲子園で1勝』を目標にしてきた。それを達成するために、また練習を頑張りたい」。(菅沼遼)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ