スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月24日の高校野球 愛知

2021年7月25日04時00分

 愛知大会9日目の24日は4回戦6試合があり、16強が出そろった。大同大大同が今大会初のタイブレークで三好に勝利し、西尾は昨夏の独自大会4強の愛知黎明を破った。25日は4球場で5回戦8試合が予定され、中京大中京や愛工大名電などが8強をかけて争う。

     ◇

 2点を追う九回2死。豊田大谷の長谷川洸哉選手(3年)は打席で自らに言い聞かせた。

 「絶対後ろにつなぐ」

 カウント1―2からファウルを挟んだ5球目。遊撃へゴロが転がる。一塁に必死に走り、頭から滑り込んだがアウト。全力で戦った夏が終わった。

 この夏にかける思いは誰よりも強かった。今年3月、練習中に足に激痛が走った。病院で腰椎(ようつい)にひびが入る「腰椎分離症」と診断され、医師からは「大学でも野球を続けるつもりなら今年の夏は厳しい。今年の夏か大学かどっちか選んでください」。頭の中が真っ白になった。

 コルセットを装着し、守備練習も打撃練習もできなかった。ボール渡しなどのサポートに徹する日々。自由に体を動かせないことがつらく、練習する仲間の姿に取り残されているという思いも募った。「俺は何をしているんだろう」。グラウンドに行くことがしんどくなる時期もあった。

 それでも、最後の夏を諦めることはできなかった。県内外の接骨院に通い、リハビリを続けた。6月上旬に練習に復帰。直後の練習試合で代打出場し、本塁打を放った。けがからの復活を強烈にアピールした。

 崎久保宏憲監督は「1年生の時からの野球に対する真面目な姿勢や打撃力を見ていたら、たとえけがが治らなくても(長谷川を)夏のベンチから外すことは考えていなかった」と話す。

 四回1死三塁の第2打席では、一時は勝ち越す右前適時打を放つなど、4打数2安打1打点と躍動した。

 試合後、長谷川選手は「頭からスライディングしたのは人生で初めて。それぐらい最後の大会をやりきろうと必死でした」と振り返り、「負けたのは悔しいけど、3年間野球をやりきることができたので後悔は一つもない」。すがすがしい表情で球場を後にした。(仲川明里)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ