スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月24日の高校野球 茨城

2021年7月25日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権茨城大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は24日、ノーブルホームスタジアム水戸で準決勝2試合があった。常総学院は水城との投手戦の末、2―1で勝利。鹿島学園は投打がかみ合い、7―1で石岡一を破った。

 25日の休養日をはさみ、決勝は26日午前10時から、ノーブルホームスタジアム水戸で行われる予定。5年ぶり17回目の優勝を狙う常総学院と、悲願の初優勝を目指す鹿島学園が対戦する。

     ◇

 臆せず、慌てず95球。鹿島学園のエース薮野哲也投手(3年)が危なげない投球で、チームを初の決勝に導いた。

 立ち上がりから一歩も引かなかった。軸足に体重を乗せたところでぴたりと止まると、一気に長い腕をしならせる。「アドレナリンが出るから」と、ボールを手放す瞬間は気迫をはき出すように「しゃあ!」と声が出る。

 持ち球は6種類。この日最も手応えがあったのは、打者の手元で変化するカットボールだ。1回に先頭打者の鈴木翔太君(3年)から空振り三振を奪うと、その後何度も相手打者のスイングが空を切った。

 「速いスライダー」も有効だった。バットに当てられても、平凡な飛球になった。もともと縦横のスライダーを投げていたが、春の県大会で石岡一に0―1で敗れた後、「今の球種だけでは打たれる」と習得。大一番で雪辱を果たした。

 春は、追い込んだ後に痛打されて失点した。その反省から、練習では打者を立たせて具体的な場面を設定し、打ち取るイメージをつくってきた。この日もストライク先行の有利な場面で投げ急がず、慎重にボール球を使って組み立てた。

 決勝は昨秋の県大会決勝で破った常総学院。「相手もリベンジに来る。受け身にならずに投げるだけ」。気負わず、次を見据えた。(久保田一道)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ