スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月24日の高校野球 鳥取

2021年7月25日04時00分 朝日新聞デジタル

 鳥取大会は24日、鳥取県米子市のどらやきドラマチックパーク米子市民球場で準々決勝2試合があり、鳥取東と鳥取商が勝ち進み、ベスト4が出そろった。準決勝は26日にあり、八頭―鳥取商、鳥取東―米子東が同球場で対戦する。

     ◇

 2点を先制した直後の一回裏。1点を失い、さらに守備の乱れで同点の走者を背負った。マウンドで硬い表情をした鳥取西エース、池内豪君(3年)のそばに選手たちが集まった。

 駆け寄った伝令の西原周君(同)が、「ピッチャーがバタバタしているときは周りが支えてやれ」。池内君は落ち着きを取り戻し、次打者を投ゴロに。その後は四回まで毎回、打者3人で打ちとった。

 池内君は高校から投手を務め、昨秋からは同校エースとして捕手の西原君とバッテリーを組んできた。西原君は腕のけがで2回戦から試合に出られず、池内君は「ここまで来られたのは周のおかげ。試合に出られるよう、けがが治るまで勝ち続けたかった」。

 池内君は同点とされた六回までで降板し、左翼へ回ったが、八回の危機で再びマウンドへ。3点差となり、なお1死満塁の場面は中飛と三振で乗り切り、九回にのぞみをつないだ。しかし、相手投手の緩急のある投球にかわされた。

 西原君は「重圧もあるエースの背番号を背負い、最後まで粘り強く投げてくれた」と気遣う。主将の清水克貴君(同)は、「チャンスがあったのに点をとってあげられなかった。途中からは最近の試合の中では一番いい投球だった」と力投をねぎらった。

 池内君は「ずっと支えてくれた女子マネジャーも含め、みんなで甲子園に出たかった」。悔しさをにじませながらも笑顔で語った。(大久保直樹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ