スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月24日の高校野球 埼玉

2021年7月25日04時00分

 第103回全国高校野球選手権埼玉大会は24日、2球場で準々決勝4試合があり、春の県大会優勝のAシード浦和学院、昨秋県大会優勝のBシード昌平、Cシード春日部共栄、ノーシードの川口が勝ち上がった。浦和学院は立教新座との投手戦を制した。川口は花咲徳栄を破った山村学園を延長の末に下した。春日部共栄は松山にコールド、昌平は星野に逆転勝ちした。準決勝は25日に県営大宮球場で行われる。

     ◇

 「投手陣は本当に頑張ってくれた。6点目が取れず、本当に申し訳ない」。川口に敗れた山村学園の佐藤裕一郎主将(3年)は悔やんだ。「投手は5失点までOK。野手は6点以上取る」という戦略で臨んだが、あと1点が遠かった。

 6連覇を狙う花咲徳栄を倒したのは2日前。勝利に涙を流す選手もいた。「燃え尽きちゃったわけじゃない。気をつけたつもりだったんだけど」。どこか浮足立ち、序盤に主導権を握れなかった。岡野泰崇監督も「『目標がどこなのかもう一度確認しろ』と伝えてはいたんですが……」と振り返った。

 元々は捕手だった佐藤主将。1年生の11月、試合中の送球で右上腕を骨折した。10カ月近く本格的な練習ができなかったが、「自分にはもうバッティングしかないと思って必死に取り戻した」。

 この日は3安打を放ったが好機に1本が出なかった。六回裏、2死満塁で打ち上げた瞬間は顔をゆがめた。「監督はそれでも自分を使ってくれたのに、期待に応えられなかった」と、試合後に涙を流した。

 先発メンバー9人中、3年生は3人だけ。技術もプライドもある1、2年生が多く、春はまとまりがなかったというチームを、ミーティングを重ねて何とか一つにまとめてきた。「メンバーから外れた3年生が腐らず応援してくれたからここまで来られた」。最後は同級生に感謝した。

=県営大宮(黒田早織)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ