スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月24日の高校野球 福島

2021年7月25日04時00分 朝日新聞デジタル

 福島大会は24日、準決勝2試合があり、日大東北が福島商を8得点の猛攻で破り、光南は福島成蹊を完封し、それぞれ、昨夏の独自大会を挟み2大会連続17回目、5年ぶり5回目の決勝進出を決めた。決勝は25日午前11時から、いわきグリーンスタジアムで開かれる。

     ◇

 1点リードを許した六回2死一、二塁のピンチ。福島成蹊の斎藤朱璃(3年)は「低めの変化球を投げれば大丈夫」と外角低めへ得意のスライダーを投げ込んだ。「よし。打ち取った」と思ったが、相手6番打者にうまくはじき返され、追加点を許してしまった。

 昨夏の独自大会で4強に進出した福島成蹊。躍進の原動力は2人の投手の存在だった。新チームはエース不在で、昨秋は支部予選で敗退。金子淳監督は「投手陣がこの代の課題だった」と振り返る。

 今大会、斎藤は2、3回戦と先発したが、序盤に失点する場面が続き、チームのリズムを作れなかった。とにかく序盤を全力で投げきろうと意識した準々決勝では、初回を3人で抑えた。チームはコールド勝ちで福島大会初の4強を決めた。

 準決勝は6回を投げ、2失点でマウンドを降りたが、一、二回は走者を1人も出さずにゼロ点に抑えた。「序盤を三者凡退に抑えられ、大会を通じて成長した。やりきった」。悔いはなかった。そして、後輩たちには「今大会の記録を超えてほしい」と願う。甲子園初出場の夢は後輩たちに引き継がれた。(滝口信之)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ