スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高校野球熊本大会 4強 25日に対戦

2021年7月25日09時00分 朝日新聞デジタル

 2年ぶりの大会で有力校を次々と下した4強が25日にぶつかる。これまでの戦いぶりと戦力を分析する。(屋代良樹)

     ◇

 熊本北と有明はノーシードから勝ち上がった。投打のバランスがとれている。

 熊本北は3回戦で第1シードの東海大熊本星翔を1失点で下した。主戦の浜田健生(3年)は直球とツーシームで相手をかわし、4試合で計3失点に抑えている。中軸の五十嵐洋輔(3年)や井伊遼太郎(3年)ら打線に破壊力があり、集中打で突き放す。

 有明は準々決勝で熊本国府との接戦を制すなど、勝負強さを見せる。1番打者の黒土勇生(3年)は打率5割を誇り、長打もある。4試合で登板した主戦江口晶大(3年)は最高球速137キロの直球に加え、スライダーとカットボールを武器に要所を締める。

     ◇

 2大会連覇を狙う熊本工と、県南校で唯一残った八代のシード校対決になる。

 熊本工の主戦吉永粋真(3年)は3回戦で菊池を完封。松波勲典(2年)も控えて相手打線を封じる。一番打者古閑健太郎(3年)は打率6割を超える。チームの1試合平均安打数は4校で最多の13本と強打を誇る。準々決勝でシードの八代工を延長サヨナラで制した。

 八代は準々決勝の文徳戦で下位打線からたたみかけ、試合をひっくり返した。2番打者の広田優人(3年)ら3試合で打率3割超えの先発選手は6人。ここまで投げ続けるエース蔀秀彦(3年)は直球に切れのある変化球を織り交ぜ、三振もゴロも狙える。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ