スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月24日の高校野球 山口

2021年7月25日04時00分 朝日新聞デジタル

 山口大会は24日、山口マツダ西京(山口市)で準々決勝2試合があり、ノーシードから勝ち上がった2校、シード校同士の2校がそれぞれ対戦した。宇部鴻城が熊毛南を破り、岩国商は宇部商にコールド勝ちした。岩国商は山口大会で優勝した2013年以来、8年ぶりに夏の準決勝進出を決めた。25日には準々決勝2試合があり、4強が出そろう。

     ◇

 「打者をよく見て、投手の良いところを引き出してくれる」(池村裕太郎監督)。熊毛南の捕手西村栞太(かんた)君(3年)が、継投の3投手を引っ張った。

 3点差の六回裏、エースの高木虹汰(こうた)君(3年)が登板した。四球でランナーを出し、迎えた打者は「送りバントで来る」と読んだ。捕ゴロを二塁に送球、進塁を阻止した。しかしその後、失策で2死一、二塁のピンチ。自信がなさそうに映ったマウンドの高木君に駆け寄った。

 高木君とは中学時代、学校は違ったが周南市の選抜チームでバッテリーを組み、全国大会にも出場した。「お前がエースでキャプテン。弱気やったらだめやろ」。右の拳でゴン、と胸をたたいた。気合が入ったと高木君。次打者を初球で右飛に打ち取った。

 この日先発した左腕の寺尾颯太君(3年)には、伸びのある直球を生かして低めに球を集めた。横手投げの浜中保凪(やすなぎ)君(3年)とは、タイミングを外す投球が持ち味。変化球で打ち取る配球を意識した。

 チームは2回戦で、昨秋の県大会優勝校の桜ケ丘を破って勢いに乗っていた。「絶対に勝てると思って臨んだ試合だった」と西村君。試合終了後、「よく頑張った」とスタンドからかけられた声に、こらえていた涙があふれた。「こんなに応援してくれている人がいた。もっと勝ち上がって甲子園に行きたかった」

 「栞太はどんな時も、お前がエースなんやって伝え続けてくれた。胸をたたかれるたびに強気になれた」と高木君。自覚と自信を与えてくれた西村君に伝えるつもりだ。「いままでバッテリーを組んでくれてありがとう」(寺島笑花)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ