スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月24日の高校野球 愛媛

2021年7月25日04時00分

 第103回全国高校野球選手権愛媛大会は24日、準々決勝2試合があり、4強が出そろった。第3シードの新田が昨夏の独自大会準優勝の宇和島東を下し、第4シードの松山商が東温を破った。25日は休養日。26日に坊っちゃんスタジアムで準決勝(聖カタリナ―松山商、新田―川之江)がある。

     ◇

 東温のエース岩川慎之介投手(3年)の夏は、準々決勝で終わった。勝者の校旗が掲揚されるのを、晴れやかな顔で見つめていた。

 1年秋からエースナンバーを託された。しかし細身で球威がなく、「自分は制球で、打たせて取るしかない」と思っていた。2年夏の独自大会は、初戦で途中降板。チームも敗退した。「先輩たちに申し訳ない。勝ちたい」と思った。

 トレーニング設備に恵まれているわけではない。練習時間が長く取れるわけでもない。トレーナーと相談しながら、スクワットをしたりタイヤを引いたり。地道に下半身を鍛え直した。

 120キロが精いっぱいだった球速は、130キロ中盤まで上がった。球威も増し、三振を奪えるようになった。この夏、「まず一勝。できればベスト4」を掲げた。本音を言えば「難しい目標」だと思っていたが、努力は実った。

 1回戦は延長10回完投。2回戦は強打の済美を相手に公式戦初完封。勢いに乗って、3回戦も延長10回を投げ抜いた。

 この日も粘り強く投げ、松山商のエース松崎来雅投手(3年)と、見応えのある投手戦を繰り広げた。「自分が抑えたら、打ってくれると信じていた」。中盤に2度リードされたが、打線が2度とも追いついてくれた。

 延長十回、高めに浮いた球を痛打され、敗れた。でも、「持てる全力は出し切れた。強豪とここまで張り合えてうれしい」

 4試合で計560球。胸を張って球場を後にした。(照井琢見)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ