スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高校野球徳島大会、きょう4強激突

2021年7月25日09時00分 朝日新聞デジタル

 徳島大会は25日、徳島県鳴門市のオロナミンC球場で準決勝2試合がある。第1試合では、優勝候補の鳴門を2回戦で撃破した池田とノーシードから勝ち上がった生光学園が対戦。第2試合は、シード校の阿南光と昨夏の独自大会準優勝の徳島商がぶつかる。(吉田博行)

 ■最速エース勢い 池田

 今大会最速140キロ台後半のエース篠原颯斗(3年)ら多彩な投手陣を擁する。優勝候補の鳴門を2回戦で破り勢いに乗る。

 篠原は1回戦で阿南高専を無四球完封。2回戦は鳴門に10安打を浴びながら完投勝利した。準々決勝の那賀戦は中山大喜(3年)ら3投手の継投でしのぎ、守りも堅い。チーム打率3割2分台は4強2位。3試合で10盗塁を決め、足を絡めた攻撃も得意だ。

 ■要所締める継投 生光学園

 エース奥浜宏平(2年)と春藤光希(3年)の2投手の要所を締める継投で、ノーシードから勝ち上がってきた。

 奥浜は最速140キロ超の速球に変化球を織り交ぜ、空処勇気(3年)の好リードも光る。打線は3試合で合計23安打、17打点、8盗塁。足も絡めて手堅く攻める。主将の吉田隆希(3年)は、阿波との準々決勝で2点ランニング本塁打を放つなど今大会4打点。

 ■無失策の守備陣 阿南光

 エース森山暁生(2年)は準々決勝までの2試合を連続完封。今大会無失策の守備陣が力投をもり立て、優勝を狙う。

 森山は最速140キロ超の直球と鋭く曲がる変化球を武器に、昨秋の県大会準優勝の鳴門渦潮と3位の徳島北をねじ伏せた。チーム打率は3割台。主将の萩野太陽(3年)や島崎立暉(2年)らを中心に2試合で計19安打、8打点を挙げ、打線も勝負強い。

 ■打率 4強トップ 徳島商

 チーム打率3割6分台は4強トップ。エース福永怜央(3年)や抑えの中原海晴(2年)ら4投手の継投で試合をつくり、今大会2試合とも最終回に逆転勝ち。終盤の粘りが光る。

 打線は2試合で計12得点。2回戦の城西戦は、幸坂征太郎(2年)の逆転2点適時打など14安打の猛攻。準々決勝の富岡西戦も、佐藤慶悟(3年)の逆転サヨナラの適時二塁打など12安打を放った。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ