スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

英明―高松商、甲子園かけ激突 香川大会きょう決勝

2021年7月25日09時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権香川大会は25日、高松市のレクザムスタジアムで決勝がある。英明は10年ぶり、高松商は2年ぶりの甲子園出場をかけて対戦する。

     ◇

 シード1位の英明は、投手戦も打撃戦も制し、総合力の高さを見せている。

 球威抜群の右腕石河と緩急自在の左腕寒川の二枚看板は、準決勝こそ大量失点を喫したが、準々決勝までは交互に先発し、3試合で2失点と安定している。

 一方の打線はつながりを欠いていたが、準決勝で14得点を挙げ、勢いに乗る。打率5割超で準決勝で満塁本塁打を放った5番吉峰が好調で、4番池本も準決勝で3安打と調子を上げている。下位打線にも5打点の倉谷が控える。

 高松商は、2年前の代表で昨年の独自大会は準優勝と3年連続の決勝となる。

 今大会もシード3位で臨み、4試合で42得点と強力打線を武器に勝ち上がってきた。準決勝では九回に途中出場の選手たちが好機を作り、一挙7点の逆転劇を演じた。打線は5番の藤井が6割近い打率に加え、7打点と勝負強い。

 投手陣はエースの右腕坂中が13回を投げて与四死球3と制球が安定し、渡辺和、徳田の両左腕ら計5人が今大会で登板しており、継投で勝機をつかむ。(谷瞳児)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ