スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月23日の高校野球 徳島

2021年7月24日04時00分

 大会第12日の23日、徳島県鳴門市のオロナミンC球場で準々決勝2試合があった。第3シードの徳島商が劇的な逆転サヨナラ勝ちで富岡西を下し、準決勝に進出。ノーシードから勝ち上がった生光学園も阿波に勝利し、4強が出そろった。24日は休養日で、25日に準決勝2試合がある。

     ◇

 3点リードを許して迎えた八回裏。マウンドに立つ阿波のエース、竹内誠悟君(3年)は球数が120球を超え、球速が落ちてきていた。

 死球などで1死一、三塁のピンチを招く。「ここを抑えれば九回に味方が逆転してくれる」。仲間を信じ、気力で腕を振り抜いた。次打者の三塁への打球で三塁走者を挟殺。最後の打者を内野ゴロに打ち取り切り抜けた。

 回転数が多く、手元で伸びる直球が武器。兄の影響で3歳の頃から野球を始め、壁にボールを当てて制球力を身につけてきた。

 今大会は2回戦に登板し、第4シードの小松島打線を打たせて取る投球で完封勝利。6年ぶりの8強入りに貢献し、試合後「制球力には自信がある。次戦も完封したい」と意気込んでいた。

 この日は三回にランニング本塁打などで3点を失ったが、四回以降は毎回走者を許すも要所を締めた。昨夏の独自大会で初戦コールド負けを喫した相手に大健闘。鳴川真一監督も「粘り強い投球は竹内の真骨頂」とたたえた。

 「苦しい時には、バックに助けてもらった。みんながいたから、ここまで野球ができた。最高の仲間たちです」。高校最後の試合を一緒に戦い抜いたチームメートに感謝した。(吉田博行)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ