スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月23日の高校野球 高知

2021年7月24日04時00分

 第103回全国高校野球選手権高知大会(朝日新聞社、高知県高校野球連盟主催)は23日、高知市の県立春野球場で準々決勝2試合があり、シード校の明徳義塾と高知商が4強進出を決めた。24日も同球場で準々決勝2試合が予定されている。

     ◇

 同点の三回裏1死一塁、高知東工の捕手、新谷(にいや)優斗君(3年)が低めの変化球に差し出したミットから球がこぼれた。球を見失う間に走者は一気に三塁へ。直後の二ゴロで本塁生還を許して勝ち越され、手痛いミスとなった。

 そのまま1点差で迎えた七回裏、先頭打者に安打を許したが、次打者の本塁後方への邪飛にダイビングキャッチ。その後、追加点を許したが、相手の二盗を素早い送球で阻止し、ピンチの芽を摘んだ。「成長できたところを見せられた」

 以前はミスをすると、気持ちが切れていた。そんな性分を変えるきっかけが昨秋の県大会初戦にあった。勝てるはずの相手に、自分のミスも出て敗れた。「チームの要の自分が変わらないと。悔しい思いは二度としたくない」

 練習態度を改め、仲間に積極的に声をかけるようになった。帰宅後にも家で素振りを2時間。スマートフォンでフォームを撮影し、夜遅くまで確認した。そんな姿を見て、チームメートも練習にも付き合ってくれた。「仲間がいたから成長できた。今度は自分が全てを尽くす気持ちだった」

 成長を見せたかった「仲間」はもう一人いる。新チームの正捕手候補となる弟の虎治郎君(1年)だ。「野球センスは僕よりある。もっと強いチームにしてほしい」(羽賀和紀)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ