スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

決勝は英明―高松商 全国高校野球選手権香川大会

2021年7月24日04時00分

 第103回全国高校野球選手権香川大会は12日目の23日、高松市のレクザムスタジアムで準決勝があった。英明が乱打戦を逃げ切り、高松商は九回に4点差を逆転し、決勝進出を決めた。2年前と同じ顔合わせとなった決勝は25日に同球場である。

     ◇

 決勝進出目前で4点リードをひっくり返された。3点を追う九回裏2死走者なし。次打者席の大手前高松の主将で捕手の清家優一君(3年)が声を張り上げた。「まだ終わってねぇぞ」。でも笑っていた。

 主将になってから、意図して笑顔を見せてこなかった。「このメンバーなら甲子園に行ける」。そう感じる同級生が集まり、入学から全ての県大会で8強以上の成績を残してきた。

 ただ、優勝はない。あと一歩のところでいつも壁に阻まれてきた。「何かを変えなければ」。部員に厳しく向き合うことに決めた。

 「お前がそんなふがいない投球してたら勝てん。守る身にもなれや」。厳しい言葉を投げかけ、けんかになったこともある。「イラッとすることをたくさん言った。嫌われてるでしょうね」。心苦しい思いもしたが、すべては甲子園初出場の目標をかなえるためだ。

 仲間との最後の夏。「楽しもう」と呼びかけ、笑顔を「解禁」した。2年前の代表校の高松商に打撃戦を挑んだこの試合。九回表、先頭を打ち取ったことで「早く勝負を決めたい」との思いが強くなり、ストライクを続けたのが裏目に出た。逆転され、またしても優勝はつかめなかった。

 試合終了後、「みんなには感謝しかありません」と声を絞り出した。バッテリーを組んだ井下輝君(3年)は「清家が厳しいことを言ってくれて成長できた。清家が主将だったから、捕手だったからここまで来られた」。嫌われ役の思いは届いていた。(谷瞳児)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ