スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月23日の高校野球 愛媛

2021年7月24日04時00分

 第103回全国高校野球選手権愛媛大会は23日、準々決勝2試合があった。第1シードの聖カタリナは西条をコールドで破り、川之江は丹原との接戦を制して準決勝進出を決めた。24日は坊っちゃんスタジアムで準々決勝の残り2試合があり、ベスト4が決まる。

     ◇

 流れを引き寄せるのが、自分の役目だと思っている。西条の尾崎颯汰朗選手(3年)は俊足、巧打。高い能力を買われ、この夏から1番打者を任された。

 春までは中軸だった。河野健介監督は「このチームは試合の入りが悪かった。尾崎の力で、相手に圧をかけようと思った」。狙いが的中した。

 今大会、ここまでの3戦はいずれも初打席に安打を放ち、出塁。そのまま本塁にかえり、勝利への流れを作り出してきた。

 この日の相手は、好投手・桜井頼之介投手(3年)擁する聖カタリナ。一筋縄ではいかないと分かっていた。「前の日から、寝られんかった」

 初打席は、左飛に打ち取られた。ただ、力のある直球を積極的に振り、「プレッシャーはかけた」。捉えやすい変化球を引き出し、後続が1点を先制した。

 1点を追う三回の2打席目は右前打で出塁。二塁まで進むと、後続の左前打を左翼手がはじくのを見逃さなかった。50メートル5・8秒の快足を飛ばし、一気に本塁を突いた。同点。

 「粘り強く戦えてる。いける」。四回に1点を勝ち越し、流れを引き寄せたかに思えたが、強打の聖カタリナが反撃に出る。その裏に大量点を奪われた。

 敗れはしたが、チームは選抜出場の相手を上回る13安打を放った。試合後の表情は晴れやかだった。

 「劣勢でも我慢して、最後まで勢いでは負けていなかった。やり切りました」(照井琢見)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ