スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月23日の高校野球 長野

2021年7月24日04時00分

 第103回全国高校野球選手権長野大会(県高野連、朝日新聞社主催)は23日、松本市野球場であった決勝を松商学園が制して優勝し、4年ぶり37回目の全国大会出場を決めた。長野日大は12年ぶり2回目の優勝を逃した。全国大会は8月9日、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕する。

     ◇

 マウンドにできた喜びの輪の中心で、背番号18がもみくちゃにされた。この日の2番手投手、今井英寿(3年)が松商学園に試合の流れを呼び込んだ。

 「2人目で行くぞ」。試合前から足立修監督に言われていた。先発投手の栗原英豊(2年)が五回まで投げ、2―2の同点。六回の登板前、実は今井は少し緊張していた。思い通りに制球できるか、不安があったからだ。

 もともと外野手で、投手に転向したのは昨年秋。高校通算15本塁打という打力に自信があるが、最速145キロという強肩を買って監督が投手起用を決めた。

 ただ、今年春の練習試合で右肩を痛め、それから2カ月は投球練習ができなかった。「変化球もまだ苦手」といい、十分な練習を積めないまま迎えた最後の夏の大会だった。

 六回、心配したとおり制球が定まらず、先頭打者に四球を与えてしまった。「少し動揺していた」というが、仲間が救った。次打者の時に一塁走者が二塁への盗塁を試みると、捕手の野田留輝(3年)が好送球でタッチアウトに。「あれで落ち着けた」という今井は、この回を打者3人で切り抜けた。

 直後の攻撃で、今井は1死二塁の好機に勝ち越しの適時打。これで打線に勢いがつき、5点のリードを奪った。投げては、「指にかかった球に自信がある」という直球中心の投球で、4イニングを無失点。長野日大に追撃を許さなかった。

 「彼はまだ、あと2段階くらい伸びますよ」と足立監督は言った。その力を示す舞台は、甲子園だ。(高億翔)

     ◇

 同点の六回裏、1死二塁だった。松商学園は今井英寿(3年)に打順が回った。長野日大のエース白根羽琉(はる)(同)が渾身(こんしん)の力で投げたのは、決め球のツーシーム。打球はあっという間に一、二塁間を抜けた。

 前日の準決勝を完投し、白根は肩に張りを感じていた。半面、気持ちは充実していた。試合前、注意すべき相手打者として名を挙げたのが5番の熊谷大生(3年)と今井。その今井に勝ち越し点を奪われた。

 試合後、白根は泣きはらした赤い目で悔しそうな表情を見せた。「丁寧に、丁寧にと思って投げた」と明かし、「相手のスイングが鋭くて、甘いところに行っちゃいけないと思って際どいコースを攻めて……」。

 松橋将之監督は「白根で勝ってきたチーム。誤算は丁寧に投げすぎたこと」と振り返った。丁寧にコースを突いた結果、ボール球が増える。球数が増え、疲れが増す。松商学園はそこを見逃さなかった。

 「投げている感じはいつも通り。しかし後半になると、球がいっていない(勢いがない)のは相手の(バットの)振り方で分かった」と白根。「疲れはあったけど……。自分がまだまだでした」

 東京・豊島区の出身。中学のチームメートが佐久長聖に進学し、「同じ長野で野球がしたい」と長野日大へ。親戚宅に下宿して野球を続けた。

 中学時代は内野手だったが、高校1年の夏、打撃投手をしていたときに「投げ方がきれいだから」と監督に勧められ、投手に。以降の白根について、松橋監督は「かなり成長したと思います。ここまできたんですから」。(依光隆明)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ