スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月23日の高校野球 兵庫

2021年7月24日04時00分

 第103回全国高校野球選手権兵庫大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の第16日が23日あり、4球場で5回戦4試合が行われた。今春の選抜に21世紀枠で出場した東播磨が、春の県大会を制した神港学園を3―0で下した。全国選手権出場経験がある報徳学園と滝川二に加え、初出場を目指す社も勝ち進み、ベスト8が出そろった。

 24日は2球場で準々決勝2試合がある。組み合わせは、関西学院―兵庫工、神戸国際大付―東洋大姫路。25日は準々決勝の残り2試合があり、社―滝川二、報徳学園―東播磨の対戦。

     ◇

 一回裏、先頭打者に直球を左前安打された。だけど、神港学園の捕手、嶋崎啓斗君(3年)は相棒を信じていた。「いつも通りのいい球だ。低めに集めれば、ゴロで打ち取れる」

 相棒は、優勝した春の県大会で、決勝まで3連続完封したエース加藤大君(3年)。次の打者にも、要求通りスプリットを低めに投げ込んでくれた。

 なのに、打球は硬いグラウンドではねて右前安打に。続く打者への外角直球も、右前安打された。たたきつけるような打撃で、この回2点を失った。

 ベンチに戻り、すかさず加藤君に伝えた。「スプリットもスライダーもいつも通りのいい球が来ている。どんどん来い。守備でアウトにしたるから」

 2人は、中学のシニアリーグ時代からバッテリーを組んできた。春の県大会でも組んで一戦ずつ勝ち上がってきたが、嶋崎君は準決勝の試合中に負傷し、決勝では加藤君の球を受けられなかった。

 夏には自分が加藤の球を受けて、兵庫の頂点をつかむ――。そう心に決め、復帰後は負傷した左ひざ周辺の筋肉をほぐし、ゴムを使って筋力を強化してきた。体幹や下半身の力が増し、送球も以前より安定した。

 なんとか相棒を助けたかった。この日の相手は、機動力野球が強みの東播磨。盗塁はすべて刺してやろうと意気込んだ。

 二回裏の2死一塁。相手は予想通り盗塁を仕掛けてきたが、二塁で刺した。

 三回裏の1死一塁では盗塁を警戒して、外角高めのボール球を要求。予想通り一塁走者が走り出すと二塁へスローイング。走者を一、二塁間で挟殺した。

 3試合で19盗塁の東播磨だが、この試合では一つも許さなかった。

 その後も加藤君は、構えたミットに要求通りのボールを投げ込んでくれたが、打線の援護がなくチームは敗れた。

 嶋崎君は「力は出し切れたし、少しは加藤を支えられたかな」とはにかんだ。試合後、相棒には、これまでの思いも込めて伝えた。「ナイスピッチ。ありがとう」(西田有里)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ