スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月23日の高校野球 和歌山

2021年7月24日04時00分

 第103回全国高校野球選手権和歌山大会(県高野連、朝日新聞社主催)は23日、準々決勝2試合があった。智弁和歌山は延長十三回タイブレークの末、初芝橋本にサヨナラ勝ち。市和歌山は序盤から突き放し、耐久にコールド勝ちした。智弁和歌山は独自大会を含め5大会連続、市和歌山は3年ぶりの4強入り。また抽選で準決勝の組み合わせが決まり、25日に市和歌山と高野山、和歌山東と智弁和歌山が対戦する。

     ◇

 前の試合で7点差をひっくり返し、サヨナラ勝ちしてたどり着いた準々決勝だった。1点を追う九回表1死走者なし。打席に向かった初芝橋本の5番・馬場井翔真君(3年)は、この日も諦めていなかった。「俺たちだったら絶対行ける」。カウント2―2からの5球目。張っていた直球を中前に運び出塁した。安打や内野ゴロで三塁へ進み、暴投で生還。試合を振り出しに戻した。

 智弁和歌山は因縁の相手だ。昨夏の決勝で敗れ、昨秋の新人戦では5回コールド負け。新人戦で、馬場井君は1本もヒットを打てなかった。「コールド負けは屈辱」。智弁の投手陣の速球に対応するため、練習では打撃マシンの球速を速めに設定して振り込んだ。今春卒業した先輩たちからは試合前、「勝ってくれ」「頑張ってくれ」とLINEが来た。力をもらった。

 馬場井君は二回、失策で出た走者を犠打で送った。相手の暴投から先制点を奪うことにつながった。「卯滝(逸夫)先生から主軸でも送るべき時には送って1点を取る野球を教わって、ここまできた」。前戦も7点差から犠打で好機を広げ、サヨナラ勝ちにつなげた。

 勝負は延長に入る接戦になったが、十一、十三回の2打席を凡退した。174球を投げ抜いた川端一正君(2年)に応えることができなかった。「後輩の川端が一生懸命投げていたが、野手が打てなかった」。川端君を始め、主力選手には2年生が多い。「次は必ず負けないように、練習を積み重ねてほしい」と望みを託した。川端君は「秋、智弁や市高を倒して近畿大会に行って、甲子園に行きたい」と先輩の思いを引き継いだ。(滝沢貴大)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ