スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月23日の高校野球 岡山

2021年7月24日04時00分

 岡山大会第13日の23日、準決勝2試合がマスカットスタジアムであり、おかやま山陽と倉敷商が決勝へ進んだ。おかやま山陽は就実を投打に圧倒。倉敷商と創志学園の対戦は大会初の延長戦にもつれ込み、11回、エース永野がサヨナラ打で決着をつけた。決勝は25日午前10時から同スタジアムである。

     ◇

 5試合で53安打33打点。ノーシードから初の4強入りを果たした就実が力尽きた。

 新チームで挑んだ昨秋の県大会は地区予選で敗退。「自分たちに何が足りないのか」。新田恭也主将(3年)らが答えを求めたのは、今年の「春高バレー」で優勝するなど強豪として知られる女子バレーボール部の練習だった。

 じっと見学していると、様々な気づきがあった。ボールに食らいつく必死さ、プレーしている選手を全員が全力の声援でもり立てる活気。「全員野球」の精神を見た気がした。ベンチの内外が一つになりきっていない自分たちを省みた。

 前向きな言葉の掛け合いを意識し、メンバー全員で相手の戦力を分析する。そんな全員野球を目指した。練習では、「徹底力」を合言葉に基本に立ち返り、諦めない姿勢を鍛えた。新田君も、これらの成果が出て強い打球を飛ばせるようになった。

 3年生と下級生がうまく融合し勝ち上がったが、準決勝は大差がついた。最後の打席は七回2死一、二塁。つないでくれた後輩のために何とか1点と願ったが、内野ゴロに倒れた。

 「力負け」と認めざるを得ない。だが2012年、部員5人で始まった野球部の歴史を塗り替えた堂々の戦いぶり。「このメンバーでやってきてよかった」とすがすがしく語った。(中村建太)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ