スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

23日の高校野球 長崎

2021年7月24日04時00分

 長崎大会は23日、県営野球場で準々決勝2試合があり、4強が出そろった。長崎商は3回戦に続くサヨナラ勝ちで諫早農を下し、小浜は長崎西打線を4安打に抑えるエースの好投で接戦を制した。24日の休養日をはさみ、25日は同球場で準決勝2試合が行われる。

     ◇

(準々決勝 諫早農3―4長崎商)

 九回裏、2連続長短打を浴び、無死一、三塁。1点許せばサヨナラ負けだ。申告敬遠し、満塁策を採った。

 「なんとか踏ん張って、延長戦に持ち込めば」。諫早農の捕手、高井乙哉君(3年)は祈るような気持ちでマウンドを見つめた。

 エース浜崎拓真君(2年)の球数は130球に近づいている。気力を振り絞って、精いっぱい腕を振っていた。

 次打者への2球目。高々と打ち上げた打球は中堅手のグラブへ。三塁走者が走り出す。「頼む。間に合ってくれ」。だが、返球よりも早く本塁を突かれ、試合は終わった。

 「エラーしたっていい。迷わず、思いっきりプレーしよう」。そう心に決めて臨んだ準々決勝。春の県大会とNHK杯を制した長崎商を相手に、序盤は主導権を握った。立ち上がりの制球に苦しむ相手のエースを攻略し、一挙3点。「いける」と確信した。

 だが、その後はゼロ行進。五回に同点に追いつかれると、流れは長崎商へと傾いてしまった。

 「悔しいけれど、達成感はあります」と高井君。優勝候補の一角を、最後の最後まで苦しませたからだ。甲子園は手の届くところにあるはず。後輩たちには力強くたぐり寄せてほしい。

 「あとは頼んだぞ」。高井君の目に涙はなかった。(三沢敦)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ