スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月23日の高校野球 東京

2021年7月24日04時00分

 第103回全国高校野球選手権東・西東京大会(朝日新聞社、都高野連主催)は23日、東大会の4回戦8試合があった。春の関東大会準優勝で第1シードの関東第一と、第2シードの二松学舎大付がそれぞれコールド勝ちで16強進出を決めた。芝は延長十二回にサヨナラで目黒日大との乱打戦に決着を付けた。延長戦になった東京実―淑徳は、九回に同点に追いついた淑徳が延長十回にサヨナラ勝ちした。24日は東西合わせて8試合が予定されている。

     ◇

 六回裏2死一、三塁、マウンドに集まった足立西の選手たちは、笑顔だった。三塁走者がかえればコールド負けが決まる。「格上相手だけど負けるとは思ってなかった。まず楽しもう、と」。輪の中心で笑っていたエース有馬拓(3年)は試合後、そう語った。

 そう思えるようになるまでには、時間がかかった。昨夏の独自大会では、現在、プロ野球独立リーグの新潟アルビレックスBCで活躍する野里慶士郎さん(19)がエースとして活躍し、16強入り。有馬はベンチから見ていた。

 新チームでは、最上級生は有馬を含め4人だけ。今度は自分が引っ張らないと。チーム全体への目配りなどの責任感もあり、思うような投球ができない時期が続いた。秋の大会は1次予選で敗れた。

 勝つことが高校野球の全てなのか――。仲間と話し合い、一番の目標を「野球を楽しむこと」に決めた。この日の関東第一戦は、最後は自身の暴投でサヨナラコールド負け。試合を通じて13安打を浴びたものの、有馬は内角をえぐる攻めの投球を貫いた。それに応えるように、仲間がフェンスぎりぎりの打球を好捕するなど、失策はゼロだった。

 「楽しかったです」。この夏に悔いはないけど、高校野球が終わるのはさみしい。そんな思いを口にした後、言った。「独立リーグで野球を続けられたら」。先輩の背中を追う。=都営駒沢(御船紗子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ