スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月23日の高校野球 福岡

2021年7月24日04時00分

 福岡大会は23日、準々決勝4試合があり、筑陽学園、飯塚、真颯館、西日本短大付がベスト4進出を決めた。福岡大大濠は筑陽学園に完封負け。九州国際大付も飯塚の強力打線に屈し、優勝候補と目された2校が姿を消した。準決勝は25日、久留米市野球場であり、筑陽学園と真颯館、飯塚と西日本短大付が対戦する。

     ◇

 「狙われるだろうけど、まっすぐ中心でいこう」。福岡大大濠のエース毛利海大(かいと)君(3年)は捕手の川上陸斗君(3年)と筑陽学園との試合前に話し合った。直球で強気に打者の懐を突く。それが毛利君の持ち味だからだ。

 予想通り、筑陽学園の打者は直球を狙ってきた。初回は先頭打者に四球を与えたものの、三回には3連続三振を奪うなど、この回まで無安打に抑える上々の立ち上がりだった。

 だが四回、先頭打者に二塁打を浴びると、続く3番打者に内角の直球を左翼奥に運ばれて先制点を奪われた。球数は50球を超え、「直球で内角を突いたが、わずかに甘く入った」。

 六回、1死二塁のピンチで再び3番打者を迎えた。中盤で1点を追う展開に、「これ以上、絶対に点は許せない」。やはり直球を投げ込んで三振を奪った。

 直後に適時打を浴び、八回には連打でさらに1点を失った。打たれたのは直球ばかり。中盤以後、酷暑のマウンドで何度も汗をぬぐった。ゆっくり間を取り、小さく息をついて疲れを見せる場面もあった。

 だが、川上君は「毛利の投げたいように投げさせよう」と直球のサインを出し続け、それに応えた毛利君も力いっぱい腕を振り続けた。

 130球を超える熱投。毛利君は試合後、「この夏一番の良い投球が出来ました」と胸を張った。エースは最後まで強気を貫いた。(吉田啓)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ