スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月23日の高校野球 宮崎

2021年7月24日04時00分

 第103回全国高校野球選手権宮崎大会(朝日新聞社、県高野連主催)は23日、準々決勝2試合があった。春夏連続の甲子園出場をめざす宮崎商は、都城東にコールド勝ちして4強一番乗り。都城西は日南学園に敗れ、34年ぶりのベスト4はならなかった。24日は準々決勝の残り2試合がある。

     ◇

 この試合までに、2戦連続の完投勝利を収めた大会屈指の右腕、都城東の長尾一輝君(3年)。春の選抜出場の宮崎商に挑んだが、強力打線を相手に踏ん張りきれなかった。

 初回、先頭打者への初球をいきなり左中間に運ばれ三塁打。3番のスクイズで先制点を許した。それでも、「打ち込まれたわけじゃない。切り替えよう」と言い聞かせた。次打者を三振に取り、切り抜けた。

 だが四回につかまった。1死後に四球を出し、リズムが崩れ始める。変化球がコースに決まらない。「直球、直球となって単純だった。冷静になれなかった」。力んでしまい、甘く入ったボールを次々に捉えられた。3連打を含む被安打4で4失点。この回途中にマウンドを降り、左翼の守備に退いた。

 それでも、主将としてチームを鼓舞し続けた。ベンチでは、長尾君の救援に入った真方光瑠君(1年)に「打たれても取るから、思い切り投げてこい」と声をかけた。試合後、八牧竜郎監督は「エースとして投げながらチームを引っ張っていく姿はあっぱれだった」とたたえた。長尾君も「やりきった。悔いはない」と晴れやかな表情だった。(布田一樹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ