スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月23日の高校野球 岐阜

2021年7月24日04時00分

 第103回全国高校野球選手権岐阜大会(岐阜県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は23日、4球場で4回戦8試合があり、8強が出そろった。シードされた5校のうち、岐阜第一は海津明誠に惜敗。市岐阜商、岐阜工、県岐阜商、大垣日大は、それぞれ快勝した。加茂農林は初の8強入り。大会は25日に再開され、2球場で準々決勝4試合が予定されている。

     ◇

 春に逃した甲子園にみんなで行く。心に誓ったその目標を果たせないまま、岐阜第一のエースで4番打者・阪口楽(うた)投手(3年)の夏が終わった。

 1点を追う九回裏。1死走者なし。「どんな球でも打ち返す」と意気込んで打席に向かった。3球目。外角の直球に手を出して内野フライに倒れた。「お前のせいじゃない」。そんな声が聞こえたが、仲間の顔は涙でにじんだ。

 2年生から背番号1。投打でプロからも注目を集めていた。以前は「強引な野球」をしていた。本塁打を狙い、速球で勝負する――。自己中心で、調子が悪いとふてくされた。

 転機は、昨秋の東海地区大会準決勝で先発した県岐阜商戦だ。初回の4失点が響いて敗れた。

 「捕手のサインに首を振ることもあった。自分のせいで負けた。不安や緊張を一人で抱え込んだのがよくなかったのかな」。素振りや投球練習により一層励むだけでなく、日ごろの態度にも気をつけ、周りの選手の言葉に耳を傾けるようになった。

 この日は初回に四球を二つ与えるなど、序盤に2失点した。速球を打ち込む練習など「阪口対策」をされた海津明誠打線を前に、得意の直球が決まらず、甘い球を打たれた。焦るときも後ろを守る仲間を信じ、「自分が折れたら終わり」と思って完投した。

 球場にはプロ野球や社会人野球の関係者が多数訪れていたが、目立つ本塁打ではなく、チームバッティングを意識し、五回に適時打を放った。

 「周囲からはよく『阪口のチーム』と言われるが違う。みんなで一つのチーム。仲間と甲子園にいきたかった」。この日の気持ちを忘れず、もっと力をつけると決めた。目元を何度もぬぐいながら話した。(佐藤瑞季)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ