スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月22日の高校野球 長野

2021年7月23日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権長野大会(県高野連、朝日新聞社主催)は22日、松本市野球場で準決勝2試合があり、松商学園が高遠を、長野日大が岡谷南を破り、決勝に進んだ。松商学園は4年ぶり37回目の、長野日大は12年ぶり2回目の選手権大会出場を目指す。決勝は23日午前10時に同球場で予定している。

     ◇

 「元エース」の血が騒いだ。

 四回、5点目を失って、なお2死一、二塁のピンチに、高遠は背番号7の左翼手、柳原孝成(3年)がマウンドに上がった。「頼んだ」。降板するエースの登内唯翔(とのうちゆいと)(同)から声をかけられた。

 柳原、登内、湯田健司(3年)の3人が投手陣の中心。中でもエース格だった柳原が昨冬、右ひじに違和感を覚えるアクシデントに見舞われた。約3カ月間、投球練習ができない。その間に、横手投げへの転向で力を伸ばしたのが登内だった。高めた制球力を武器に春の県大会で好投し、その大会の4強入りとエースの座をつかんだ。

 「柳原が戻ってくるまで」。そんな気持ちでマウンドを守ってきた、と登内は話す。今大会、ここまで全試合に登板。しかし、春の県大会で敗れた雪辱を目指す大事な一戦で、苦しい投球になった。「打たれたくないと、弱気になってしまって」。カウントを悪くする場面が目立ち、失点を重ねた。

 登内からマウンドを受け継いだ柳原は「絶対に抑えてやる」と強気だった。四回は松商学園の4番打者の斎藤に2点適時打を浴びたものの、五、六回は無失点の好投。終盤の味方の反撃につなげた。

 春は11点差で敗れた相手を、夏は2点差まで追い詰めた。「この夏は最初から思い切り飛ばせた。柳原がいて高め合えた」と登内は言った。初の準決勝という歴史を刻み、高遠の夏の大会が終わった。(高億翔)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ