スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月22日の高校野球 三重

2021年7月23日04時00分 朝日新聞デジタル

 三重大会は22日、2球場で準々決勝4試合があり、宇治山田商、津田学園、三重、津商が4強入りを決めた。第2シードの松阪商は三重に2―5で敗れた。準決勝は24日、四日市市営霞ケ浦球場であり、宇治山田商と津田学園、三重と津商が決勝進出をかけて戦う。

 六回表無死一、二塁の好機、松阪商の主将で4番打者の北村音湧君(3年)に打席が回ってきた。

 「変化球を狙って打ってやろう」と意気込んだが、投げられたのは全て直球。当てにいったバットは、最後まで振り切れず、中途半端に空を切った。

 「4番なのに打てなかった」。悔やんでも悔やみきれない打席になった。

 周りから「弱い代」と、1年生のころから言われてきた。レギュラーの先輩たちがメインのグラウンドを使っている間、サブグラウンドで練習してきた。

 全体練習が終わってからが自分たちの時間だった。打撃マシンやグラウンドを自由に使えるのがうれしくて、同期のほとんどが朝練や居残り練習に参加した。1年生のころから自主練習を続けてきた分、仲間との結束力は強まった。

 チームは昨秋の県大会で準優勝。冬の間に500本から1千本のスイング、走り込みを続け、さらに力をつけた。そして、春の県大会で4強入りを果たし、夏に向けて自信を深めた。

 今大会、捕手としてタイプの異なる投手を巧みにリードしながら、順調に勝ち上がってきた。

 そして迎えた準々決勝。八回表、自らの最後の打席では左前安打を放ち、4番の意地も見せた。ただ、昨秋の県大会覇者、三重の打線が一枚上手だった。

 この試合、最後の打者となった青木志龍君(2年)の打球は投ゴロに。ゲームセットになると、一塁にヘッドスライディングをしたまま動けないでいる青木君の元へ走った。肩をたたきながら言った。「絶対、お前のせいじゃないからな。来年あるからな」(岡田真実)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ