スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月22日の高校野球 静岡

2021年7月23日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権静岡大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は22日、草薙など4球場で4回戦8試合があった。春の県大会3位の浜松工は東海大静岡翔洋に逆転負け。今春の選抜大会に21世紀枠で出場した三島南は富士市立に惜敗した。準々決勝は24日、草薙と清水庵原の2球場で4試合が予定されている。

     ◇

 両チーム無得点で迎えた六回裏、清流館はスクイズで失点、先制を許した。相手は今春の東海大会を制した掛川西。次打者の出塁も許す苦しい展開に、マウンド上の2年生エース鈴木佑心朗投手は、自分に言い聞かせた。「もうこれ以上、点はやらない」

 3ボールからの4球目を打たせると高く上がったフライは左翼手のグラブに吸い込まれ、3アウト。ベンチに戻ってチームメートとグラブ越しにハイタッチした。

 春に新入生が入部するまで選手はわずか13人。この夏の登録選手も上限に届かない19人だ。そんな中、榊原(3年)、山村(2年)両投手と競い合い、2年生ながらエースナンバーをつかんだ。

 試合前、小泉将志監督から「いつも通りのピッチングをしろ」と送り出された。「力では勝てない。野手を信じて打たせて取ろう」。ボールを低めに集め、掛川西打線に1本の長打も許さなかった。

 七、八回は三者凡退に抑えて8回を投げきった。失点も六回裏にスクイズで失った1点だけだった。「よく投げ抜いてくれた」。小泉監督も好投をたたえた。

 エースとしてチームを引っ張り、現在の校名になって初の16強入り。3年生が抜けるとチームは10人になる。今度は、自らが最上級生として、チームの柱にならねばならない。「来年は自分がチームを引っ張って、今年の結果を超える」。赤く目を腫らしながら力強く語った。(山崎琢也)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ