スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月22日の高校野球 高知

2021年7月23日04時00分

 第103回全国高校野球選手権高知大会(朝日新聞社、高知県高校野球連盟主催)は22日、高知市の県立春野球場と市営球場で2回戦計4試合があった。シード校の高知、高知中央が勝ち上がり、8強が出そろった。23日は春野球場で準々決勝2試合が予定されている。

     ◇

 「強力打線なので打たれるかと思ったが案外打ち取れた」

 春の四国覇者・高知を相手に、宿毛工のエース植村将士(まさし)君(3年)が中盤まで好投を見せた。小学校で野球を始めた時からピッチャー一筋。ピンチでも動じることなくマウンドに立ち続ける強心臓が売りだ。

 4月に右手親指を突き指し、5月の県体育大会は登板を見合わせた。3年になって初の公式戦となった20日の高知高専戦では7回を被安打2に抑え、復調を見せつけた。この日も、二回は得意のスライダーで三者三振に切って取り、五回まで三塁を踏ませなかった。

 先月からバッテリーを組み始めた中野快俐(かいり)君(1年)も相棒を助けた。一回と四回には素早い送球で二盗を阻止。「味方が良いプレーをしてくれたので投げやすかった」

 だが相手打線は2巡目以降、スライダーにタイミングを合わせてきた。さらに1点リードで迎えた六回は、疲れから高めに浮いたストレートを狙われた。1死から四球を与え、3連打を浴び同点に追いつかれたところで、救援陣にマウンドを譲った。

 「勝ちたい気持ちはあったが、高知相手に良い勝負ができて満足です」。晴れ晴れとした表情で球場を去った。(羽賀和紀)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039