スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月22日の高校野球 愛媛

2021年7月23日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権愛媛大会は22日、3回戦の残り4試合があり、8強が出そろった。シードの新田は北条に競り勝ち、松山商は大洲を破った。宇和島東、東温も接戦を制した。23日は準々決勝2試合が、松山市の坊っちゃんスタジアムである。

     ◇

 一昨年の愛媛代表、昨夏の独自大会準優勝の宇和島東が、1回戦、2回戦に続き、3戦連続で逆転勝ちした。勝負強さの源泉は、2年生ながら4番でエースの武田善投手(2年)だ。

 同点の四回裏、先頭でいきなり、左翼席へ本塁打を放った。「変化球の次は内角の直球が来る」。相手先発のくせを読み切った一振りだった。悠々とダイヤモンドを一周した。

 「甲子園に行った2年前も、投手は2年生主体。次があるという気楽さをもって試合しようと思って」

 投げても堂々。今大会初登板で、序盤に空振りを狙った球が捉えられると、打たせて取る投球に切り替えた。八回に勝ち越し本塁打を打たれたが、九回は3人で抑えた。

 その裏、2死満塁。あとがない中で巡ってきた打席でも、冷静だった。「外野手を前に持ってきた。越える打球を打てばいい」

 狙い通り、右中間を破る適時打で、逆転サヨナラ。「中学のときから、サヨナラの場面では打てた。自分の意地です」。頼もしい2年生が、夢舞台に進んだ2年前の再現に挑む。(照井琢見)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ