スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月22日の高校野球 神奈川

2021年7月23日04時00分

 第103回全国高校野球選手権神奈川大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は22日、4球場で5回戦8試合があり、8強が出そろった。慶応が春季県大会準優勝の桐光学園に打ち勝ち、日大藤沢は延長十二回にサヨナラ勝ちした。23日は予備日のため試合はなく、24日に4球場で準々決勝4試合を予定している。

     ◇

 立花学園は最速140キロを超える投手陣が継投、3投手を岩田優真捕手(3年)が引っ張った。

 初回のピンチ。先発の小林爾(みつる)投手(3年)は、2者連続三振を奪った。岩田捕手は、横に曲がるスライダーや縦に落ちるカットボールの制球がさえていると見て、多投させた。「狙ってはいなかった」ものの、六回までに計8個の三振を奪った。2番手の最速150キロ右腕永島田輝斗(きらと)投手(3年)も自慢の速球を軸に、同点でしのいだ。「絶好調ではなかったが強気で来てくれた」

 九回から登板した東田優輝投手(3年)も2死三塁のピンチを招いたが、スライダーで遊飛に打ち取った。だが十二回、1死から連打と申告敬遠で満塁、さらに速球が決まらず3球連続ボールに。「最後は一番自信がある球で」。カウント3―1の5球目。スライダーを要求したが、わずかに外角に外れ、サヨナラの走者が本塁を踏んだ。

 試合後、岩田捕手は目を赤くしながらも胸を張った。「ベスト16で終わってしまったがそれ以上に濃い時間を過ごせた。この先も仲間から刺激をもらって頑張りたい」(黒田陸離)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039