スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月22日の高校野球 和歌山

2021年7月23日04時00分

 第103回全国高校野球選手権和歌山大会(県高野連、朝日新聞社主催)は22日、準々決勝2試合があった。高野山は昨夏の独自大会で敗れた日高に雪辱した。和歌山東は機動力を生かして粉河との接戦を制した。4強入りは高野山が14年ぶり、和歌山東が4年ぶり。

    ◇

 「どこに来ても打ってやろう」。日高の3番・中野偉心君(3年)は初回、1死二塁と先制の好機で集中した。2球目、甘いスライダーを見逃さずに振り抜くと、打球は右翼手を越え、二塁走者が生還。自身も快足を飛ばして三塁へ滑り込んだ。続く新野裕馬君(3年)の中犠飛でホームを踏んだ。

 最後の夏にかける思いは、人一倍強かった。昨夏の独自大会で背番号9をもらったが、初戦の初回の守備で左足を骨折。以降出場はかなわず、スタンドで応援した。独自大会の規定で大会中に背番号を変更できたため、新野君が9を受け継いだ。3回戦の高野山戦で勝ち越しの本塁打を放つなど活躍し、チームも4強入りした。中野君は「うれしい半面、自分もチームの戦力になりたかった」。

 完治するまで約2カ月かかった。その間は松葉杖をつきながらの生活で、保護者やチームメートなど多くの人に支えられ、励まされた。とくに、マネジャーの坂尻知果さん(3年)は階段を上るときに荷物を持ってくれたり、治りたてのころの早朝練習に付き添ってくれたりした。「支えてくれた人たちのためにも、全力プレーをしないといけないと思った」

 感謝の気持ちを胸に臨んだ夏。新野君と2人で主軸を担い、8強入りの原動力になった。新野君は「勝った2試合とも、偉心のお陰。好機に強くて頼もしかった」。記録員でベンチ入りした坂尻さんとも、ハイタッチして喜ぶことができた。

 4強入りがかかったこの試合は初回以降相手エースを打ちあぐね、3―6で最終回の打席へ。「相手投手の気迫がすごかった」。内野ゴロになったが、打球処理と敵失の間に二塁走者が生還する粘りを見せた。

 試合後、中野君は悔しさよりも楽しさの方が大きいと振り返った。「みんなと最後にやれて、今までの人生で一番楽しい夏だった。支えてくれた全員に感謝の気持ちを伝えたい」(滝沢貴大)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039