スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月22日の高校野球 埼玉

2021年7月23日04時00分

 第103回全国高校野球選手権埼玉大会は22日、5回戦8試合が行われ、8強が出そろった。中止の102回大会を挟んで6連覇を狙ったAシードの花咲徳栄が、山村学園に5―6でサヨナラ負け。Bシードの上尾も接戦の末、松山に0―2で敗れた。Bシードの昌平は武南にサヨナラ勝ち。Cシード春日部共栄もDシード秀明英光に競り勝つなど、好試合が続いた。準々決勝4試合は24日に行われる。

     ◇

 緊張よりワクワクの方がずっと勝っていた。「圧倒的にレベルが上の相手。全く気負わずできた」。坂戸の先発・片岡大輝投手(3年)がストライクを取るたびに、ベンチは大きな拍手と声援を送った。

 浦和学院の吉田瑞樹主将(同)とは、同じ東松山市立南中学野球部の出身だ。当時から内野手も投手も両方していた片岡投手は、捕手の吉田選手とバッテリーを組んでいた時期もある。この日、打席に入ったときに言葉こそ交わさなかったものの、「やっぱり意識はしていた」という。

 体のサイズも、オーラも、中学の時から向こうが一つ上。「リードもキャッチングもバッティングもレベルが違うなと思ってたら、浦学にいっちゃった」と笑う片岡投手。「当時は僕の決め球として使ってくれていた」から、打席の吉田選手には今日も自信を持ってスライダーで攻めた。1打席目は遊ゴロ、2打席目も二飛に打ち取った。「あっちも力んでたのかも。真剣勝負ができた」。敗れたが、大舞台での再会を楽しんだ。=県営大宮(黒田早織)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039