スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月22日の高校野球 山形

2021年7月23日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権山形大会は22日、県野球場で準決勝2試合があった。東海大山形は強力打線が爆発し、鶴岡東に5回コールド勝ち。日大山形も、酒田光陵に7回コールド勝ちした。15年ぶり8度目となる強豪校同士の決勝は、24日午後1時から、県野球場で行われる。

     ◇

 日大山形打線は強力過ぎる。先発した酒田光陵のエース、北谷優介投手(3年)は、そう感じていた。

 ピンチでは、いつものように背後から聞こえる内野陣の声に励まされた。「(試合を)楽しめ!」「打たれても大丈夫!」。振り返ればみんな笑顔で、拳を握りしめていた。「その言葉にどれだけ勇気づけられたか。いくら感謝しても足りません」と北谷君。

 中学時代、酒田市の選抜チームに入るための選考に落ちた。その時に選ばれたのは、今は私学の強豪で活躍している選手たちだ。その悔しさをバネに奮起し、酒田光陵ではエースナンバーを背負うことができた。

 プロからも注目されるような「エリート選手」はいない。しかし公立の「雑草軍団」はこの夏、堅守と集中打で4強に進出。私学の強豪と肩を並べるまでになった。北谷君も、四球が目立っていた投球を改善、制球力を高めて今大会に臨んだ結果だった。

 しかし、この日の日大山形戦では、緩急をつけた投球で打者をたびたび追い込んだものの、打つタイミングをずらす決め球のつもりで投じたチェンジアップが見極められ、甘く入ったところを打たれた。結局、二回途中までに10点を奪われ、降板した。

 救援した松本進吾投手(2年)は、4回1/3を被安打2に抑え、意地を見せた。「このままでは終われないと思って」と、松本君は試合後に涙声で語った。夏の決勝と甲子園への夢は、確かに引き継がれた。(辻岡大助)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ