スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月22日の高校野球 富山

2021年7月23日04時00分

 富山大会は22日、4球場で3回戦8試合があり、8強が決まった。高岡第一、富山北部・水橋、石動はコールド勝ち。高岡商、富山第一、砺波工は1点差で競り勝った。準々決勝は24日、県営富山野球場と高岡西部総合公園野球場であり、4強が決まる。

     ◇

 同点で迎えた六回表1死三塁。新川のエース久保田治也君(3年)に迷いはなかった。打席に立つのは強豪富山商の4番、岩城颯空(はくあ)君(同)。前の打席では二塁打を打たれている。「自信があるまっすぐで勝負だ」。三振に打ち取り、この回を無失点に抑えた。

 昨秋、今春の県大会はいずれも初戦敗退。ピンチになると動揺する精神面の弱さが課題だった。冬場、メンタルトレーニングをして集中力をつけた。今大会の初戦、高岡南戦は11奪三振で八回コールド勝ち。自信をつけて、シード校・富山商との対戦に臨んだ。

 一回、いきなり2点を奪われても落ち着いていた。「必ず味方が追いついてくれる」。直球に加え、カットボールやスライダーなど多彩な変化球を使い、二回以降は相手打線に的を絞らせない。エースの力投に野手が奮起。四回、佐藤大空(はるく)君(同)の2点本塁打で追いつくと、六回は連続適時二塁打などで一気に4点を奪って勝ち越した。

 「リードを最後まで守り抜く」。気合の投球を続けたが、八回に相手打線につかまった。甘く入った球を打ち込まれて7失点。「疲れはなかった。相手打線の粘りが上だった」。マウンドを譲り、八回途中でベンチへと下がった。

 敗れはしたが、西野新太郎監督は「強豪を相手にしても、ひるまずによく投げてくれた。精神的にも成長を見せてくれた」。

 久保田君は卒業後、大学に進んで野球を続けるつもりという。「一から鍛え直し、最後まで投げきれるエースを目指します」(井潟克弘)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039