スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月22日の高校野球 岐阜

2021年7月23日04時00分

 第103回全国高校野球選手権岐阜大会(岐阜県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は22日、4球場で3回戦の残り8試合があり、16強が出そろった。シード校のうち、市岐阜商は可児工にコールド勝ちし、大垣日大は岐阜聖徳学園との乱打戦を制したが、大垣商は今大会初のタイブレークで池田に敗れ、東濃実は岐阜城北にコールド負けを喫した。23日は4球場で4回戦8試合が予定されている。

     ◇

 1―10で迎えた七回裏。岐阜高専の舩渡健太朗捕手(3年)は、昨年の3年生たちのことを思い出しながら打席に立った。「昨夏出られなかった先輩たちのぶんも頑張らなくては。一秒でも長く、みんなと夏を楽しみたい」

 2球目。インコースの直球を狙って強く振り、中前へはじき返した。「やった!」。ベンチに向かって満面の笑みを見せた。

 コロナ禍によるオンライン授業が続いていた昨夏、岐阜高専は独自大会への出場を辞退した。今年の部員は「最後の舞台にすら立てなかった先輩の思い」を背負って、試合に臨んだ。

 岐阜高専は5年制の学校だ。毎週水曜日に一緒に練習をする4、5年生らはこの日、スタンドから後輩の奮闘ぶりを見守っていた。舩渡捕手は、ブルペンで投球練習をしていたときに聞こえた「頑張れよ」という先輩の言葉が力になったという。

 後続が続かず、七回コールド負けした。「このメンバーで試合に出られて、楽しく終えられた。それだけで満足」

 初戦の大垣東戦は2―1で接戦をものにした。副主将の舩渡捕手とともに1年間、チームを引っ張ってきた市川誠主将(3年)は「負けてしまったけれど、初戦に勝てて少しは恩返しできたかな」と試合後に話した。

 昨夏、白木英二監督から独自大会を辞退することを告げられ、泣き崩れる先輩たちの姿を見て、自分も涙があふれた。授業と部活動が再開した昨年10月以降も、先輩たちの悔しさをいつも頭の片隅において練習に励んできた。

 「野球ができることへの感謝を忘れず、今年達成できなかった2勝を果たしてほしい」。次の目標を後輩に託し、笑顔で球場をあとにした。(佐藤瑞季)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039