スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月22日の高校野球 滋賀

2021年7月23日04時00分

 滋賀大会は第11日の22日、3回戦4試合があり、8強が出そろった。昨夏の県高野連独自大会を含めて4連覇を目指す近江は、6―4で八幡商に競り勝った。彦根翔西館は7盗塁と足を絡めた攻撃で快勝。シード校の滋賀学園、水口東も勝ちあがった。ほかに綾羽、草津、立命館守山、伊香が8強に残っている。23、24日は休養日で、25日に準々決勝4試合が予定されている。

     ◇

 初回。4点を先制され、なおも満塁。厳しい場面で、比叡山のエース桐山倫太朗投手(3年)はマウンドに上がった。

 制球が定まらない。連続で押し出しの四球を与えた。

 が、これで吹っ切れた。

 「味方が追いついてくれる。腕を振ろう」

 内野ゴロでピンチを切り抜けると、二回以降は直球に本来のキレが戻った。滋賀学園の強力打線を相手に凡打の山を築いた。

 進学コースに所属し、練習は遅れて参加することも多い。それでも、真摯(しんし)な練習姿勢や、183センチの身長を生かした投球が見込まれ、背番号1を任された。

 この日は、雪辱を期すマウンドだった。

 昨秋の県大会。3試合無失点で勝ち上がり、準決勝で滋賀学園と対戦した。

 歯が立たなかった。桐山投手は7失点を喫し、三回途中で降板。チームは猛烈に追い上げたが、2点差で敗れた。

 この差を、何としても埋めたい。選手たちは敗戦後、「プラス2」をスローガンに掲げた。

 いつもより2回多く素振りをする、2回多くノックを受ける。悔しさを忘れないよう、自分たちを追い込んで練習してきた。

 桐山投手も、ダッシュの練習を2本増やし、スタミナを付けてきた。

 今大会、13日の初戦・滋賀短大付戦では、1失点完投勝利をおさめた。

 そして迎えた、滋賀学園戦。桐山投手の二回以降の好投に呼応し、チームは相手を3本上回る11安打で追い上げた。

 しかし、及ばなかった。

 「後でこうすれば良かったと思わないよう、しっかり腕を振れた。最高の仲間と野球ができて良かった」

 目は少し赤くなっていたが、しっかり前を向いた。(安藤仙一朗)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039