スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月22日の高校野球 東京

2021年7月23日04時00分

 第103回全国高校野球選手権東・西東京大会(朝日新聞社、都高野連主催)は22日、東西の計12試合(不戦勝を含む)があった。東大会は3回戦があり、第4シードの小山台が成立学園に快勝。文京は20―0で葛飾商を下した。新型コロナウイルス感染者が出た板橋が辞退したため、正則は不戦勝となった。東大会は3回戦を終え、ベスト32が出そろった。西大会は4回戦があり、甲子園出場経験のある早稲田実、国学院久我山がそろってコールド勝ち。シード勢では八王子が勝ち進んだが、日野は敗れた。23日は東大会の8試合が予定されている。

     ◇

 「無名の投手」と評したのは、福生の永島良幸監督。同校のエース伊藤寛人(3年)のことだ。140キロを投げる「未完の大器」。投球次第で「無名」を返上できる早稲田実との一戦、伊藤は立ち上がりから苦しんだ。

 ストライクが取れず、一回だけで5四死球を与え、5点を失った。二回途中で降板。「相手が早稲田実で、緊張がありました」

 ただ、大器の片鱗(へんりん)は見せることができた。一回裏、早稲田実のエースが打席に立った時は意識した。思い切り直球を投げ込み、わずか2球で仕留めた。

 永島監督の指導のもと、自宅での自主練習「家練(いえれん)」を積んできた。定時制課程があるため、午後5時には練習終了。コロナ禍もあり、新チーム発足時から家練に力を入れた。監督は、自主練の進め方が書かれた書籍を各部員に買い与え、本の内容を問う穴埋めテストも課した。

 それぞれが自宅などで、腹筋やダッシュ、30分間走をこなす。素振りや投球練習の際は、「○○高校のあの選手」を頭に思い浮かべる。イニングやアウトカウント、走者の有無も想像して振り込み、投げる。伊藤も忠実に取り組んだ。

 この日、「ジャイアントキリング(大物食い)をしよう」と試合前にチームみんなで話した。でも、練習不足は否めなかった。一方で、言い換えれば、まだ伸びしろがある。体作りをし、大学で活躍したい。大物食いは、次の舞台までとっておく。=市営立川(木村浩之)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039