スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月22日の高校野球 奈良

2021年7月23日04時00分

 第103回全国高校野球選手権奈良大会(朝日新聞社、奈良県高校野球連盟主催)は22日、3回戦2試合があり、8強が出そろった。智弁学園は二回、打者一巡の猛攻で6点を奪うなど三回までに10点を挙げ、5回コールド勝ち。一条は2点を追う九回、4長短打などで3点を奪い、関西中央に逆転サヨナラ勝ちした。23日は予備日で試合はない。第13日は24日、準々決勝2試合がある。

     ◇

 同点の七回裏に登板した関西中央のエース花瀬拓真(3年)はいきなりピンチを迎えた。制球が乱れ、四球で先頭打者を歩かせると、次打者に安打を打たれ、その次は再び四球で無死満塁。

 「相手は直球を待っている」。そう読み取って変化球を低めに集める。ワンバウンドした球は捕手で主将の吉永一翔(かずま)(同)が体で止めた。1人から空振り三振を奪い、笑顔になった。ふうっと息を吐き、次の打者に向かう。3球で空振り三振にし、2死満塁。次打者が打った初球を三塁手がさばき、しのいだ。

 エースの力投に試合の流れは関西中央に傾いたかに見えた。九回表、4安打を浴びせて3点を奪取し、2点リードでその裏へ。だが一条の猛攻に捕まった。2死一、三塁から2連打を浴び、一挙に3失点で逆転サヨナラ負け。エースはがっくりと肩を落とした。

 チームは昨秋、がらっと変わった。元社会人野球選手の岸江秀樹監督が就任。最初の1週間は、グラウンドと部室の掃除で終わった。花瀬拓は「正直、早く練習がしたかった」。

 だがグラウンドがきれいになると、野球に集中できた。ゴミを拾う選手が不思議と活躍し、みんなグラウンドの周りや学校でもゴミ拾いをするくせがついた。

 今春の背番号は「3」だった。「エースになるためにも、チームが勝つためにも走らないと」。岸江監督は、グラウンドや近くの坂を一人黙々と走る花瀬拓の姿に成長を感じていた。「一番努力した。信じてました」

 九回裏の攻防について花瀬拓は「甘く入る球を狙われていた」。岸江監督は「自分の野球人生でもこんな試合なかなかない」と振り返った。(米田千佐子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039