スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月22日の高校野球 長崎

2021年7月23日04時00分

 長崎大会は22日、県営野球場で準々決勝2試合があり、4強にまず2チームが決まった。昨夏の独自大会決勝の再現となった大崎と鹿町工の対戦は、大崎が初回に一挙3点を奪い、逃げ切った。海星は離島勢で唯一8強入りの壱岐を圧倒し、コールド勝ちした。23日は同球場で準々決勝の残り2試合が行われる予定。

     ◇

(準々決勝 鹿町工1―3大崎)

 2点を追う八回表の攻撃。2死の後、打者2人が四球で出塁し、打順が回ってきた。2人かえせば同点の場面だ。「ヒッティングかセーフティーバントか」。鹿町工の森陽那斗(ひなと)君(3年)は一瞬、迷った。

 これまで3打数2安打。四回には変化球をうまくとらえて出塁し、後続の適時打で本塁生還を果たした。相手投手の持ち球に対応できる自信はある。

 でも――。

 自分は肝心の場面でよく打ち上げてしまう。むしろ得意なのはセーフティーバント。過去の試合でも成功させてきた。「よし、決めた」。バントを選んだ。

 だが、転がした打球は二塁方向へ。投手から一塁へボールが渡り、2者残塁に。九回も得点できず、最後の夏が終わった。

 試合前、平林大輔監督を囲んで話し合った。選抜大会出場の大崎が強いのは当たり前。しっかり守備を固め、わずかなチャンスを生かそう、と。

 エース平道宝(ほう)君(同)は初回こそ高めに浮いた球を狙われ、その後は立ち直って無失点。「鹿町工らしい野球はできた」と森君。

 あの時もしヒッティングを選んでいたら――。考えると気持ちは複雑だが、最後はさわやかな笑顔で言い切った。

 「自分にとってバントは正しい選択。判断に悔いはありません」(三沢敦)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039